レッスン記 vol.1

先日は生徒さんの希望により初の出張レッスンを行いました。今回はアナログマイクプリを使用した録音について、検証も兼ねたレッスン。フォーカスライトのマイクプリISA Oneを通し、OverLoudのアンプシュミレーターで雰囲気作りをしてからCubaceに録音。更にコンプで音を追い込んでいきます。確かに、直インターフェイスより中低域にハリのあるリアルなサウンドに。今回は時間の関係でマイクは使わなかったのですが、今後また様々なケースでの比較検証してみたい。あと、ピッキングハーモニクスが悠々とピークを叩くのでコンプのかけ録りも場合により必須と感じた笑。OverLoudの製品は初めて体験しましたが、有名曲のトーンを模したプリセットがユニークで、普段使いにも楽しそう。レッスンは現在、プロ曲の打ち込みカバーを行なっていますが、かなり細部まで再現され聴きごたえのある音源になって来ました。特にリズム隊は生の心地よい疾走感が表現され、バンド経験者の底力を感じさせます。いつか弾いてみたいと思っていたSurやkillerのギターを触らせて頂いたのも有意義で学びになりました。長丁場のレッスン、お疲れ様でした。作曲家を目指されているこの生徒さんの意欲とコミットする意志力にはいつも感化されます。全力でサポートしていきたい。しかし今回はこちらが勉強させて頂いたことの方が多い回。次回以降のレッスンにも生かして参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA